Tempranillo DO La Mancha

サステナビリティとは?

「欧州サステナブル・ワインズ」キャンペーンに欠かせないサステナビリティという概念

 

ワインの世界で重要度が高まっているサステナビリティという概念。

生態系への影響だけを連想しがちな言葉ですが、実はもっと広い概念なのです。

サステナビリティとは、経済成長、環境への配慮、社会福祉のバランスを確保しつつ、次世代のニーズを満たす能力に影響を与えることなく現在のニーズを満たすことを意味します。

 

環境的サステナビリティ

環境的サステナビリティは、経済的・社会的進歩を持続しながら、生物多様性の保全にも力をいれることといえるでしょう。環境的サステナビリティにおいては、有機農業に関連するあらゆることが非常に重要となります。

ラ・マンチャをはじめ多くのワイン生産地にとって、ぶどう畑は砂漠化を防ぐ重要な対抗策の一つであり、かつ、酸素供給源としても非常に重要で、まさに環境にとっての「肺」の役割を果たします。

 

経済的サステナビリティ

経済的サステナビリティは、平等と社会的結束、質の高い雇用につながる競争力のある生産的な経済において、経済的、環境的、社会的な発展を遂げていくことを指します。

経済的サステナビリティは、次世代のニーズに影響を与えることなく現在のニーズを満たし、天然資源の合理的な利用と環境への配慮を保証するものです。グリーン企業が提供する金融システムを通じ、責任ある消費活動を行い、社会福祉の向上を目指します。

「欧州サステナブル・ワインズ」の産地であるイタリアのアブルッツォ州とピエモンテ州、スペインのカスティージャ・ラ・マンチャ州に共通する点があるとすれば、ワイン生産が、経済的繁栄の源としてだけでなく、農村地域の過疎化対策に大きく貢献している点です。

 

社会的サステナビリティ

社会的サステナビリティとは、人と人との結束を維持し、安定させることです。これには、文化や伝統を守ることの重要性も含まれます。

アブルッツォ州ワイン保護協会、バルベーラ・ダスティおよびモンフェラートワイン協会、ラ・マンチャ原産地呼称統制委員会はいずれも、ワイン造りの伝統を継承し、各地域の文化を維持することを目的の一つとして掲げています。

Share it!

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on email
Email

EU可持续发展葡萄酒