欧州PDO管理機関

バルベーラ・ダスティおよびモンフェッラートワイン協会

PDO

テロワール

バルベーラ種が栽培される丘陵は、第三紀時代、約200万年前まで遡る歴史があります。海岸線が前進して現在のポー平原が現れ、今のピエモンテ州形成に至る非常に大きな浸食過程が始まった時代です。この土壌は有機物質に乏しく、斜面で水はけがよいため夏は乾燥しがちです。主に石灰質土とアスティ砂質土の2種類の土壌から成っています。

モンフェッラートの気候は典型的な大陸性で、気温が35 °Cを超え干害になることもある暑い夏季と、-15 °C以下の寒い冬季との間で大きく変化します。

降雨は、主に春季の4月から5月と、秋季10月から11月に集中しています。

バルベーラ・ダスティおよびモンフェッラートワイン協会

典型的ワインであるバルベーラ・ダスティとフレイザ・ダスティを保護する団体は、イタリア国内と海外の市場でこれらのワインの信頼性と流通を特定の表示を用いて保証するため、1946年に7つのワイナリーによって設立されました。

その後「バルベーラ・ダスティおよびモンフェッラートワイン協会」と改称された本協会は、法で与えられた権限と併せて、参画するワイナリーに継続的な支援を行うことでその活動地域全体の発展に大きく寄与してきました。

現在、本協会には350ワイナリーが加盟しており、環境保護と産品の品質向上のために継続して活動する、生産チェーンの基準点となっています。