Masterclass en Qwine Expo

Qwine Expo(中国)でマスタークラス開催

Qwine Expoで「欧州サステナブル・ワインズ」キャンペーンのワインをご紹介するマスタークラスを開催

 

11月14日から16日、中国浙江省青田市でQwine Expoが開催されました。

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う世界情勢により、ワイン業界のイベントや活動の多くに影響が出る中、中国では、感染状況の安定化をうけて、ここ数週間でさまざまな活動が再開されつつあります。これを好機と捉え、「欧州サステナブル・ワインズ」キャンペーンは、フェアのプログラムとして、マスタークラスを開催しました。

「欧州サステナブル・ワインズ:触れて味わうヨーロッパ」と題した今回の試飲会は、ソムリエのソフィ・リューが運営を担当、参加者の皆様に、ワインを楽しみながら原産地呼称(PDO)についての知識を深めていただくことができました。

 

キャンペーン活動開始

今年から始まった「欧州サステナブル・ワインズ」キャンペーンは、中国、日本、韓国、台湾、シンガポール、ベトナムをはじめとするアジア大陸の市場をターゲットにしています。コロナウイルスの大流行による世界的な動揺や社会機能停止の影響で、予定どおりにワインのプロモーション活動が進まない中、今回の中国でのセミナーは、初の対面による活動となりました。

 

「欧州サステナブル・ワインズ」キャンペーンについて

イタリアのアブルッツォ州ワイン保護協会、バルベーラ・ダスティおよびモンフェラートワイン協会、スペインのラ・マンチャ原産地呼称統制委員会の協賛により、このキャンペーンは始動しました。3年間計画で、中国、日本、韓国、台湾、シンガポール、ベトナムの市場を中心に展開していきます。

「欧州サステナブル・ワインズ」は、CHAFEA(Consumers, Health, Agriculture and Food Executive Agency/消費者・健康・農業および食料執行機関)のマルチプログラムの資金提供を受け、2014年10月22日の欧州議会・理事会規則(EU)No.1144/2014のもと、国内市場および第三国における農産物に関する情報提供および促進活動を展開しています。

Share it!

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on email
Email

EU可持续发展葡萄酒